0000615311
Director's Eye
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

【体育会企画】立命館の試合を他大学が応援、体育会本部が初の試み 投稿者:宮村正之 投稿日:2016/11/29(Tue) 10:34 No.16702   
◆全日本男子ホッケー選手権大会(11月25日〜27日@立命館ホリーズスタジアム)

11月25日から27日に行われた男子陸上ホッケー部・全日本男子選手権大会で、他大学のホッケー部の選手と、体育会本部の役員が立命館の応援に駆け付けた。

立命館体育会本部の集客企画である「one for R」の一環として実施され、立命館体育会の試合を他大学が応援するのは史上初めて。立命館の選手達は以前よりも多くのサポーターに後押しされ、フィールドを駆け回った。

■関関同立ホッケー部、体育会本部が協力

全日本男子選手権大会は、今年の社会人の全国大会、インカレでそれぞれベスト4以上の成績を残した8チームが出場し、予選では2つのブロックを分けて総当たり戦を行い、上位2チームが12月の決勝トーナメントに進出できるというシステムで、国内最大の大会とも言われる。

大学からは立命館(インカレ3位)、山梨学院大(同優勝)、天理大(同2位)、東京農業大(同4位)が出場しており、立命館の体育会本部が従来より交流のあった関西大、関西学院大、同志社大の体育会本部に応援を依頼し、誘致に成功した。

11月26日の天理大戦では、関西大の男子ホッケー部約20名が来場し、普段は対戦相手である立命館のプレーを見守った。主将の瀬川裕誠さん(4回生)は、「立命館の試合は何回か観たことがあるが、他のチームを応援するのは新鮮で、良い機会だと思う」と話した。また、立命館の体育会本部役員も詰め掛け、チアスティックを使用しての迫力ある応援で盛り上げた。


↑観戦に訪れた関西大ホッケー部

■相互応援で大学同士の繋がりを再認識

立命館の体育会本部副委員長であり、GKとして試合に出場した斉藤(スポ4)は、「急遽依頼したが、快く応じてくれた」と他大学の協力に感謝の気持ちを述べた。立命館はこの大会で予選敗退となったが、来季以降も関関同立4大学での相互応援を続けていく予定だということだ。

■あなたもぜひ、ホッケーを観に行こう!

立命館のホッケー場はいばらきキャンパス内にあるため、一般の学生でもホッケーの試合を観戦しやすい。水しぶきをあげながら一心不乱にゴールを目指す姿は、思わず「おお」と唸ってしまうほどであり、観ていて爽快な気分になる。

かくいう筆者も、ホッケーを見始めたのは大学2年の後半からだったが、気付けばすっかりホッケーを観ることがとても楽しくなっていた。「同じクラスにホッケー部の子が居る」など、些細なきっかけで良い。

関心があれば来春、ぜひホッケー場に足を運んでみることをお勧めする。

(仙田幸久)

関西学生ホッケー秋季リーグ男子優勝!! 投稿者:宮村正之 投稿日:2016/11/22(Tue) 10:50 No.16701   
2016年関西学生ホッケー秋季リーグ男子優勝!!
期間:平成27年9月18日(土)〜12月17日(日)

会場:立命館ホリーズスタジアム、甲南大学グラウンド、親里ホッケー場、グリーンランドみずほホッケー場
---------------------------------------------------------

男子順位決定戦 (関西学生秋季リーグ)

11月19日(土) (関西学生秋季リーグ 順位決定戦予選)

10:00 65 関西大学 1-8 聖泉大学
12:00 66 関西学院大学 4-1 甲南大学
14:00 67 福井工業大学 2-0 天理大学
16:00 68 立命館大学 8-0 朝日大学


11月20日(日) (関西学生秋季リーグ 順位決定戦)

10:00 7-8位決定戦 関西大学 2-3 甲南大学
11:40 5-6位決定戦 聖泉大学 4-1 関西学院大学
13:20 3-4位決定戦 天理大学 2-1 朝日大学
15:00 1-2位決定戦 福井工業大学 1-3 立命館大学

 2016年11月20日(日)平成28年度学生ホッケー秋季リーグ男子1部福井工業大学vs立命館大学の試合が曇り空の中、立命館ホリーズスタジアムで行われた。

福井工業大学のセンターパスにより前半戦が開始された。立命館大学が開始1分でPCを獲得するが、得点には至らない。

6分福井工業大学がPCを獲得するが得点には至らない。8分立命館大学#9三浦がプッシュシュートを決め、先制した。11分、福井工業大学#6峯がリバースヒットをきめ、立命館大学に追いついた。

19分立命館大学#6大堀がPCからフリックできめ、追加点をあげる。1-2で前半戦を折り返す。

 立命館大学のセンターパスにより後半戦が開始された。両大学とも激しい攻防を繰り返すも、得点のチャンスを掴むことができない。

49分、立命館大学#6大堀がPCからフリックで豪快に決め、立命館大学が追加点を挙げる。

57分に立命館大学#11渡辺がグリーンカードを課せられ、福井工業大学が数的優位になるものの、その1分後に福井工業大学#18佐藤にもグリーンカードが課せられ同条件となった。その後も両チーム譲らないまま試合は終了し、1-3で立命館大学が勝利した。

最終順位(1部)
1位 立命館大学
2位 福井工業大学
3位 天理大学
4位 朝日大学
5位 聖泉大学
6位 関西学院大学
7位 甲南大学
8位 関西大学
個人表彰(1部)
最優秀選手 曽根 基 立命館大学
最敢闘選手 十河 勇人 福井工業大学
得点王 大堀 洋輝 立命館大学
アシスト王 池田 瑞 立命館大学
GK王 斎藤 晃世 立命館大学
ベストイレブン(1部)
三浦 怜真 立命館大学
斎藤 晃世 立命館大学
大堀 洋輝 立命館大学
畑野 修平 立命館大学
木下 拓弥 立命館大学
新井 大地 立命館大学
渡辺 晃大 立命館大学
中上 裕規 福井工業大学
亀山 紅葉 福井工業大学
佐藤 功介 福井工業大学
山水 翼瑳 天理大学

Asia Week 2016 投稿者:宮村正之 投稿日:2016/10/13(Thu) 10:47 No.16699 ホームページ   
【音楽、映画、食でアジアとつながる9日間! 「Asia Week 2016」を開催】
 
10月15日〜23日、大阪いばらきキャンパスで国際交流フェスタ「Asia Week 2016」を開催します。映画、音楽、スポーツ、異文化体験など、大人も子供も楽しめるイベントが盛りだくさん!
22、23日にはキャンパス内にアジア・ストリートが出現。アジアの食や雑貨のお店が出店。珍しいお菓子などグルメ企画も満載です。
お近くの方はぜひお越しください!

http://www.ritsumei.ac.jp/events/detail/?id=225

仲間の存在、原動力に変えて 投稿者:宮村正之 投稿日:2016/09/27(Tue) 16:02 No.16696   
仲間の存在、原動力に変えて

 リオ五輪開幕前、少し緊張した面持ちでキャンパスに現れた2人。チームの愛称"さくらジャパン"の名にふ言わしく、凛とした雰囲気が印象的だ。
前回のロンドンに続者、2回目の出場となる林選手は「前回は出場しただけで満足していたけれど、今回は結果にこだわっていきたい」。

一方、初めての大舞台を前にした阪口選手は「不安より、早くこないかたど楽しみです」と軽やかだ。

 さくらジャパンの世界ランクは10位(2016年6月時点)。ホッケーの盛んな海外の強豪国と比べると、培ってきた歴史や選手層、体格差は否めない。

しかし今年4月にニュージーランドで行われた国際大会、ホークスベイカップではアジア最強の中国や世界ランク3位のオ一ストラリアを破って準優勝を掴むたど、着実に力をつけてきた。

ベテランの中心選手に成長した林選手は、「あの経験が、海外の強豪国にも負けないという自信になりました」と振り返る。

背景には、チームの結束力があると言う。

 2人はともに立命館大学のホッケー部出身で、阪口選手が1年生の時に主将を務めていたのが林選手たった。

チームを力強く引っ張る姿を、後輩が「怖い印象しかなくて(笑)」と言うと、隣で先輩は「ひどい!」と苦笑。
そんな2人も、現在は同じ社会人チーム・ソニーHCで活躍するチームメイトだ。

過酷な練習を共にし、2人して日本代表に選ばれたことを、林選手は「前回の五輪は私一人だったのが、今回は同じ母校の後輩と一緒で心強い」と喜ぶ。

阪口選手も「一緒に戦ってきた仲間がいるから、どんなことでも乗り越えられます」と力強く言い切った。

 8月のリオ五輪。12カ国が出場する中、日本も強豪国相手に気迫にみちたプレーで挑んだ。

ストッパーの阪口選手が、ファインプレーで笑顔を見せ足場面も。

惜しくもメダルには届かなかったが、強豪オーストラリアや、今回金メダルのイギリスにも2点差に食らいつくなど、世界で戦えるレベルの高さとチームの結束力を十分に示した。

 さくら満開とはいかなかったが、この悔しさを力に変え、これからどんな成長を見せてくれるだろうか。
                 (文:斎藤万里絵 表紙写真撮影:竹下さより)
リオ五輪ホッケー女子日本代表

林なぎささん('09産社)
所属:ソニーHC BRAVIA Ladies
セールスポイント:守備の要、統率力

阪口真紀さん('12法)
所属:ソニーHC BRAVIA Ladies
セールスポイント:粘り強いディフェンス

悲願のメダル獲得へ 投稿者:宮村正之 投稿日:2016/08/07(Sun) 17:11 No.16691   
悲願のメダル獲得へ

 いよいよ4年に1度の大舞台の幕が開ける。

 さくらジャパンにとっては4度目となる五輪。ここまでの3大会の順位は8位、10位、9位。これまで培ってきた五輪の経験を基に、今大会では初のメダル獲得を狙う。

インド戦は「負けられない戦い」

 グループステージはAとBの2つのプールで争われる。日本はBプールに入り、アルゼンチン(WR2位)、オーストラリア(同3位)、イギリス(同5位)、アメリカ(同7位)、インド(同13位)と同組となった。

各プール上位4チームまでが準々決勝に進むことが出来る。準々決勝での組み合わせは逆プールとのたすきがけのため、メダル獲得の為には少しでも上位でグループ突破したいところだ。

 初戦の相手はインド。同プールでは日本よりランキングが下位となる唯一の相手だ。今年に入ってからの対戦では2勝1分と優位だが、一昨年のアジア大会や昨年のワールドリーグSFでは敗れており、侮れない相手であることは間違いない。

この初戦の結果が大会の行方を大きく左右するといっても過言ではなく、文字通りの負けられない一戦となる。

 4位以内で準々決勝に進出する為には、単純に見積もって2勝、「6」以上の勝ち点を目指したい。まずインドに勝ち、その勢いで勝ち点を積み重ねていくのが理想的だと言える。

順調に調整進める

 リオ入りする予定の飛行機が急遽変更になるトラブルにも見舞われる中、さくらジャパンは開幕に向けた調整を続けている。

現地での日本選手のサポートを目的に、日本スポーツ振興センターが主体となって設置された「ハイパフォーマンスサポートセンター」も活用して、順調な調整を進めている。

 ニュージーランド、中国、韓国と練習試合も行い、ニュージーランド、韓国に敗れ、中国とは引き分け。結果的には2敗1分であったが、内容的には問題なし。

インドとの初戦に向けて万全の状態で臨みたいところだ。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37]

処理 記事No 暗証キー

- Hokey Note -