0000613348
Director's Eye
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

関西学生秋季リーグ 優勝! 投稿者:山口 修一郎 投稿日:2010/10/18(Mon) 11:42 No.575   
関西学生 秋季リーグ優勝 !

10月16日〜17日 関西学生リーグにて優勝しました。

準決勝の対天理大学は4対0、決勝の対朝日大学戦は5対0の快勝で、関西では4季連続9度目の優勝です。
最優秀選手には10点の得点を挙げて得点王に輝いた藤吉陽之、 ゴールキーパー王には大会を無失点で勝ち抜いた的場大地が選ばれ、ベスト11は準決勝、決勝の大量得点が評価され、11人全員が立命館から選出されました。

写真はベスト11に選出された右から 田中健太、吉川 謙、宮田瑛司、尾崎孝明、村上銀次朗、田中 翼、亀沢達也、堀江穣士、渡辺 翔、伊藤勇悟、曽根原 龍太の11人。

今期はこれで関西春季リーグ、全日本大学王座決定戦、西日本学生選手権、千葉国体に続いて5冠目ですが、昨年度の6冠を超える為には10月31日〜11月3日に開催される全日本学生選手権(埼玉 阿須G)、12月9日〜12月12日に開催される全日本選手権(岡山 熊山運動公園)に優勝しなければなりません。

自分達の目標はこれからが本番です。 インカレの連覇、全日本選手権の奪還に照準を合わせ、さらにレベルを上げていきたいと考えています。



千葉国体 2連覇 投稿者:山口 修一郎 投稿日:2010/10/05(Tue) 19:55 No.572   
千葉国体 2連覇

10月1日〜4日 千葉国体にて2年連続3度目の優勝をしました。
初戦の千葉は15対0、準決勝の富山は3対3の後、ぺナスト10対9の激戦を制し、決勝の愛知は3対3の同点で、国体ならではの両者優勝ルールにより2連覇が決定しました。

決勝の愛知戦は前半は作戦どおりの展開で、堅守速攻からのPCを2本決め、2対0で折り返しながら、後半になると急に雨が激しく振り出し、流れは一転、愛知の怒涛の攻撃に防戦一方となり一度は逆転され、辛くも藤吉のフィールドゴールで追いついて、その後も猛攻をかけ勝ちにいきましたが、単独優勝ならず、惜しい星を逸しました。

準決勝の富山戦も序盤に2点を先制してから追いつかれており、明らかにスタミナ不足とメンタルの弱さを露呈しました。
両者優勝にもかかわらず、決勝戦後の両チームは明暗がはっきりと別れ、しぶとく追いつき一度は突き放した愛知チームは比較的選手の表情も晴れやかで、明るかったのに対し、勝ちきれなかった悔しさからか、京都チームは敗戦したかの様な沈滞ムードで、無様な失点を悔やみ泣いている選手もいるほどでした。

前半が理想的な展開であっただけに、後半に崩れたのは悔しい限りですが、自分達に原因があるのは選手達も良くわかっているはずなので、これを良い薬にしたいと思います。 同点優勝というのはノーサイドの精神なのか、平和で良いのかも知れませんが、いかにも微妙で、気持ちが悪く、私の性には合いません。

今回の敗戦に等しい引き分けを糧にして、活目したいと思います。 


(写真は鮮やかな先制ゴールを決めた背番号10吉川 謙に駆け寄る選手達。)

国体近畿ブロック予選突破! 投稿者:山口 修一郎 投稿日:2010/08/24(Tue) 14:53 No.563   
国体近畿ブロック予選 突破!

8月20日〜22日、国体近畿ブロック予選がありました。
立命館大学単体で出場した京都成年男子チームは準決勝、対和歌山に4対2、決勝奈良に4対1と勝利し、8月29日に行われる対四国代表とのブロック予選に近畿代表として出場する事が決まりました。

ユニホームも新調し、黒のアディダスにしました。
写真は得意のリバースシュートを放つ 主将田中健太(11番)、と予選大会を通じて大活躍した副将吉川 謙(10番)。本年度の学生ホッケー界をリードするポイントゲッターのエースと、中盤の司令塔、立命館の両輪です。


国体本戦出場おめでとうございます! - Y.B. 2010/09/27(Mon) 10:00 No.568
国体本戦出場おめでとうございます.千葉国体,応援に行かせていただきます.ぜひとも,全国制覇をお願いいたします.

Re: 国体近畿ブロック予選突破! - 山口 修一郎 2010/09/27(Mon) 17:55 No.569
ありがとう! 是非、応援に来てください。京都成年男子チームは100% 立命館大学です。 昨年の新潟国体に引き続き2連覇をねらっています。 準決勝、決勝はとんでもない死闘になると思いますが、勝つ為の準備をしています。 

韓国遠征 投稿者:大学女子部 投稿日:2010/09/14(Tue) 15:46 No.567   
こんにちは、大学女子部マネージャーの清水夏子です。普段あまりご紹介できていない女子部の様子を紹介したいと思います。

女子部は9月5日から9日まで、4泊5日で韓国遠征に行ってきました。韓国遠征は2年に1度の恒例行事となっています。韓国では、立命館とも交流の深いキョンヒ大学、強豪高校の平澤高校、韓国体育大学と試合することができました。韓国の選手は体格が良く、レベルの高いホッケーを展開します。そんな中、今年は韓国遠征が始まって以来初めてキョンヒ大学に勝利することができました。練習試合ではありますが、この勝利は選手たちにとってインカレへの大きなステップアップとなったと思います。

晩御飯は山田監督や金山コーチにご馳走していただきました。選手たちはサムギョプサルや焼肉をたらふく食べて満足そうでした。ごちそうさまでした。

この経験を活かし、インカレではアベック優勝できるよう練習に励みたいと思います。今後ともご声援のほどよろしくお願いいたします。

回転寿司 投稿者:山口 修一郎 投稿日:2010/09/13(Mon) 17:01 No.566   
回転寿司

9月11日土曜日、学生達に約束したとおり、関西春季リーグ、全日本大学王座決定戦、国体近畿ブロック予選及び近畿四国代表決定戦、西日本学生選手権の祝勝会を兼ねて、回転寿司を食べに行ってきました。 選手24名と琴ちゃんと私の26名で600皿に挑戦しましたが、結果は528皿。お寿司を山盛り食った後、プリンだの、メロンだの散々食い散らかしてテーブルをはみ出る程食うので、回りの他のお客様達は呆れて笑っておられました。

大食い大賞は 2回生の金藤元気で32皿。 元気はクラブの中でも一番小柄なのに、あのちっちゃい体のどこに入るのか不思議でした。 

この日は私も練習に行き、一日練習した後で、真っ暗になる迄、こってり走らせました。 先日、とある筋から入手した情報によると、女子部の選手が男子部はあんなに練習せんのになんで勝てるのか不思議でしょうがないと言っていると聞き、きっと選手達はこのところの試合結果に慢心して、私の見ていない所でたるんでいる事を思い知らされたからです。  ランのメニューは3セレクションという1周の競争を9回繰り返す過酷なランで、ランキングが1位から30位迄一人一人はっきりと出る事と、最後になればなるほど自分と同レベルの相手と競争しなければならない為、さぼりようが無いとても良い練習なのですが、案の定、数名の選手が途中で足がつってリタイヤしました。 

もっともっと しごかないといけません。 この暑い夏に過酷な練習をして、やりきったチームだけが勝つのです。日本一になるチームは必ず日本一の練習をしているはずです。   

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

処理 記事No 暗証キー

- Hokey Note -