0000615311
Director's Eye
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

2011歓送迎会 投稿者:山口 修一郎 投稿日:2011/03/25(Fri) 19:24 No.597   
2011 歓送迎会

3月5日歓送迎会がありました。

卒業した4回生は吉川 謙、宮田 瑛司、福島 駿介、尾崎 孝明、佐藤 大地、松井 隆明、高橋 郭文の7名、田中健太はもう1年残ります。

入学した新入生は田中 世蓮、藤原 泉、山田 一輝、松田 崇史、馬渡 祐輔、竹村 圭史、吉田 勇作の7名です。

当日は卒業生を柊野に呼んで現役チームと引退試合をし、シャンパンシャワーならぬ炭酸ソーダシャワーで4回生の卒業を祝し、一人ずつ胴上げをしました。 引退試合ではやはり田中健太と吉川謙に得点されました。新しく入部した新1年生達も4回生達の事を良く知っていて、謙や健太がボールを持つ度に感嘆し、現物を見れて感激していました。

高橋郭文は山形から引退試合に出る為に帰ってきました。大学1年生の時にお父さんの急病により家業を継ぐ為に大学を退学して山形に帰った選手です。将来を嘱望された選手であっただけに彼の退学はショックでしたが、その際に私が彼に送ったメールに、例え1ヶ月でもお前は立命館大学のホッケー部員であったのだから、それを忘れずに自分の自信と誇りにして今後の人生に立ち向かえと言った事を覚えていて、帰属意識を忘れませんでした。4年間の間、自分が所属したチームを陰ながら応援し、勝った時には共に喜び、メールをくれました。私はそんな郭文を最後に立命館のユニホームを着せて試合に出してやりたかったので、引退試合を企画したのです。 現役の後輩達は立命館に1ヶ月しかいれなかった郭文を知るはずもありませんが、「ふーみん、ふーみん」と大声で彼のニックネームを呼んで胴上げの輪に招きいれ、他の卒業生達と同様に自分達の仲間として上げてくれました。 柊野の空に舞い上がった郭文は、晴れやかな顔をしていて私にはとても眩しい光景でした。



立命館大学体育会歓送会でW受賞 投稿者:山口 修一郎 投稿日:2011/02/21(Mon) 14:13 No.596   
2010年度 立命館大学体育会歓送会


立命館大学体育会歓送会でホッケー部男子部が体育会名誉会長賞、女子部マネージャーの清水 夏子さんが立命館スポーツフェロー会長賞を受賞しました。

男子ホッケー部は全日本大学王座決定戦優勝、清水夏子さんは長年のマネージャー活動により部の発展に大きく貢献した事が高く評価され、供に栄えある会長賞をW受賞しました。

体育会歓送会は盛大に執り行われ、200人近い出席者の前での授賞式は華々しくまさに圧巻でした。

立命館大学スポーツフェロー会長賞を受賞した清水夏子さん 通称なっちゃんは優秀の上に超が付くほどのスーパーマネージャーでした。彼女が部に残した功績はあまりにも大きく、女子部の山田監督は彼女の卒業を誰よりも惜しんでいると思います。才色兼備とはまさに彼女を形容する言葉で、アイドル顔負けの美貌と敏腕すぎる実務能力を兼ね備え、しかも驕らず下の子にも慕われる理想的なマネージャーでした。 大学ホッケー部では単なるお茶くみマネージャーから脱皮し、部の強化と運営の中枢を担う女子部員をRS(Revolutional Student)と呼び、各学年毎に一人ずつのRSの養成を標榜していますが、彼女こそがRSと呼べる第1号のマネージャーであった事は言うまでもありません。 

(写真は左に立命館スポーツフェロー会長賞受賞の清水夏子さん 右に体育会本部会計部長としても活躍した4回生 GK 佐藤大地。)

京都市スポーツ特別大賞受賞! 投稿者:山口 修一郎 投稿日:2011/02/10(Thu) 14:54 No.595   
京都市スポーツ特別大賞 受賞

2月9日京都市スポーツ特別大賞を受賞しました。
立命館大学男子ホッケー部は国体での2連覇を高く評価され特別大賞を受賞しました。

写真 前列は今回京都スポーツの殿堂入りを果たされた三名のスポーツの偉人。 今牛若丸と称され華麗な守備を誇った前阪神監督で往年のスター 吉田義男氏、プロ野球2215試合連続出場の世界記録を樹立された広島カープの鉄人 衣笠祥雄氏、陸上100M日本記録保持者で、北京オリンピック400Mリレー、ブロンズメダリストの浅原宣治氏、その後列に立命館マスターズのスポーツ大賞の表彰に来られていたわれ等が柴田先生、同じくOBの光田氏、斉藤氏です。

柴田先生は立命杯の時に早く帰られたので、お体の具合が悪いのかと心配していましたが、すごくお元気そうで本当に安心しました。 

新4回生の学生達は今回殿堂入りされた3人のスポーツの偉人に会い、激励を受けて自分達は立命館の代表であるだけでなく、京都、そして日本の代表になって世界で活躍していかなければならない事を強く感じてくれたと思います。

(京都市スポーツ特別大賞受賞の模様はフォトギャラリーで詳しく紹介されています。)

立命杯名物 神山鍋 投稿者:山口 修一郎 投稿日:2011/02/10(Thu) 14:20 No.594   
立命杯名物 神山鍋

2月6日 立命杯では 立命館ホッケークラブ伝統の神山鍋(おでん)大鍋4杯が振舞われました。
立命館中学、高校、大学 男女6種別、OBG会、命友クラブ、マスターズを含め柴田先生を頂点とした立命館ホッケーファミリー総勢200名が一同に会し、終日ホッケーと神山鍋を楽しみました。

(写真は丹念に神山鍋を作る大学女子部マネージャー ぶっちー こと 江渕瑞穂)
立命館杯の模様はフォトギャラリーに詳しく掲載されています。


第2回の大同窓会 投稿者:山口修一郎 投稿日:2011/02/09(Wed) 17:28 No.593   
第2回の大同窓会は2月5日、OBG35名、現役53名計88名出席の下、ホテル日航プリンセス京都で行いました。

この催しは立命館杯の前夜祭として、また広くOBGの参加ができる機会ということで一昨年12月に第1回を開き、今年で2回目となりました。

今回は昭和43年度卒業の藤野良之先輩をはじめ、45年度卒業の谷相隆洋先輩や、卒業して20年ぶりという田村耕二君、また昨年卒業したばかりのOBなど30年ぶりのOBから去年卒業したてのOBGまで幅広い卒業年度のメンバーが集まり、約2時間、OBG・現役紹介やビンゴゲームなど和気あいあいと過ごしました。

終宴にはOBの片岡靖君と現役から金子新4回生の二人が音頭をとり、応援パフォーマンスも入れながら応援歌と校歌斉唱でお開きとなりました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37]

処理 記事No 暗証キー

- Hokey Note -